漫画ネタバレ

「噓とセフレ」1巻~最新話までのネタバレ!

噓とセフレ ネタバレ
  • 嘘とセフレのあらすじ

高坂京太郎と友人で酒を飲んでいるとき、お互いのセフレを見せることになった。

京太郎は見栄を張って、セフレと称して姉の友達の写真を友人に見せてしまう。

後日お互いのセフレを交換することになって…

嘘とセフレを無料で読む方法はコチラから

1巻2巻3巻4巻
5巻6巻7巻8巻
9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻

嘘とセフレ1巻無料ネタバレ|俺のセフレは…

噓とセフレ ネタバレ

今日は京太郎と友人で飲みに行った日であり、友人はセフレが出来たと自慢げに話す。

京太郎はドヤ顔で語る友人にいらつき、セフレがいると嘘をついた。

写真を見せるように言われ、友人の由紀の写真を見せる。

話の流れでダブルデートすることになり、京太郎は断ることができなかった。

嘘とセフレ2巻無料ネタバレ|ダブルデート

噓とセフレ ネタバレ

ダブルデート当日。京太郎は由紀にセフレとして呼んだことを話せなかった。花菜は美人で性格もよく、セフレをやっているようには思えない。

友人が花菜をセフレにできたのには秘密があった。花菜は尻を叩かされるとエッチモードになってしまうのである。

友人の言葉を信じられない京太郎。しかし花菜の尻を叩くチャンスが突然やってきた。

(叩くべきかどうか…)

京太郎の自問自答がつづく。

嘘とセフレ3巻無料ネタバレ|ラブホテルにて

噓とセフレ ネタバレ

京太郎は花菜とラブホテルにいる。

花菜はホットパンツの下にTバックを履いていて、肌は室内のライトで妖しく光っている。

花菜がベッドの上で寝転がると、尻を京太郎に見せつけてくる。

京太郎が花菜の尻に手を伸ばすと…

嘘とセフレ4巻無料ネタバレ|旅行

噓とセフレ ネタバレ

今更ながら京太郎はあの日、友人と由紀がセックスをしたのかどうか気になってきた。それから数日後、4人で旅行をすることとなった。

車の運転は友達で、助手席には由紀。後部座席には京太郎と花菜。由紀と友達は笑顔で楽しそうに会話している。

(…イライラする)

一泊二日の旅行は始まったばかりだ。

嘘とセフレ5巻無料ネタバレ|どっち…?

噓とセフレ ネタバレ

京太郎は花菜も独占したいし、由紀も渡したくない。その日の晩御飯で京太郎は明暗を思いつく。友人を酔いつぶすのである。

なんとか友人を酔いつぶすが、京太郎も泥酔し自室で眠ってしまった。

深夜、京太郎は下半身に違和感を感じて起きてしまう。誰かがチ〇コをいじっているのである。

何者かは部屋を出る。京太郎も後を追うと、部屋には由紀と花菜が眠っている。

(いったいどっちなんだ!!)

嘘とセフレ6巻無料ネタバレ|湖にて

噓とセフレ ネタバレ

翌朝、4人でラーメンを食べると近くの湖に向かうことになった。

友人からの頼みで、由紀と友人を2人っきりにする。

京太郎は花菜を連れて林の奥に向かう。

(俺には花菜ちゃんがいる…)

2人はくちびるを重ねると濃厚に舌を絡ませる。

嘘とセフレ7巻無料ネタバレ|疑問

噓とセフレ ネタバレ

京太郎と花菜はセックスを終えると、林からコテージへと向かいながら雑談をする。

「昨日、俺の寝てる部屋に入ってきたよね…」

「…夢でも見たんですか?私じゃないです」

花菜は嘘をついている様にはみえない。

(まさか、由紀さんが俺のを…)

京太郎は由紀がそのような行動をするとは信じられなかった。

嘘とセフレ8巻無料ネタバレ|誘惑?

噓とセフレ ネタバレ

今日は由紀が沙織姉さんの部屋にやってくる日である。京太郎は先日の由紀の家であったことを思い出す。

(由紀さんをメチャクチャにしたい…)

京太郎は妄想で興奮してしまった。その日の夜、由紀と沙織が家に帰ってきた。

由紀はよそよそしいく、京太郎も部屋に閉じこもる。そして深夜、京太郎は眠れずに自分の部屋を出てリビングすると由紀と遭遇する。

由紀の冷蔵庫のものを探すその姿勢は、先日の由紀がとった姿勢と同じである。

(俺を試しているのか…)

嘘とセフレ9巻無料ネタバレ|話がしたい

噓とセフレ ネタバレ

「今日のことはもう忘れて…」

由紀はそういうと部屋を出て行った。

京太郎は自分のベッドで、由紀の温もりを確かめる。その日以降、京太郎は由紀から避けられていた。

(やっぱり、由紀さんのことを忘れられない)

京太郎はアポなしで由紀のいるマンションへ向かうのであった。

嘘とセフレ10巻無料ネタバレ|痴漢

噓とセフレ ネタバレ

「お願いだから…帰って…」

由紀に拒絶され、落ち込む京太郎。

後日京太郎は夏休みのため、実家に帰省することになった。帰省途中、京太郎は満員バスに巻き込まれてしまう。

京太郎は沙織のエッチな姿や由紀とのセッ●スを思い出し、おもわず興奮してしまう。

京太郎は誰にもぶつからないように足に力を入れるが、バスの揺れで前の女子高生にチ〇コがもろに当たってしまう。

嘘とセフレ11巻無料ネタバレ|嘘の呼び出し

噓とセフレ ネタバレ

京太郎は退屈していた。沙織姉妹と遊ぶのは楽しいのだが、なにか物足りない。

(由紀さんに会いたい…)

京太郎は東京の家に戻ることにした。そして別れのあいさつに沙織の家で向かった。

ここで京太郎は興味本位で沙織のスマホをタッチすると、なんと使える状態であった。

(これなら…由紀さんを誘い出せる)

京太郎はSNSで沙織になりすまし、由紀に東京の家に来るように頼んだ。

噓とセフレ11巻無料ネタバレ|セフレ認定?

由紀は東京の家に京太郎のいることを知り、とても驚いた。由紀は帰ろうするも、京太郎の引き留めに根負けして話をする。

話をしているさなか、京太郎は興奮して由紀を押し倒す。京太郎は由紀のワンピースとブラジャーを同時に脱がすと、愛撫する。

由紀は思わず声をあげてしまう。

「京太郎…セフレになってみる?」

嘘とセフレ12巻無料ネタバレ|セッ●ス三昧

噓とセフレ ネタバレ

由紀と京太郎は夜までセッ●スを行った。

(眠れない…)

京太郎は由紀の眠る部屋に向かう。横向きで眠っている由紀に抱きつく。

由紀が目を覚ました。

「おはよう、由紀さん」

京太郎のチ〇コが由紀の中に入る。

嘘とセフレ13巻無料ネタバレ|沙織の帰宅

噓とセフレ ネタバレ

こうして沙織は予定よりも早く実家を出発した。

一方、京太郎と由紀はセッ●スにつかれたため、解散することになった。由紀は玄関の扉を開け、家を出ようとすると沙織を目撃する。

由紀はとりあえず京太郎の部屋に隠れる。

沙織は鍵を開け、家の中に入ってきた。そしてそのまま自分の部屋に向かう。

由紀は沙織が部屋に入ったのを確認すると、忍び足で玄関に向かう。

「…由紀?」

沙織から呼ばれ、由紀が激しく動揺する。

嘘とセフレ14巻無料ネタバレ|コスプレプレイ

噓とセフレ ネタバレ

京太郎と由紀はセフレの花菜が参加予定のコスプレ会場へ向かう。人だかりの中を進むと、セフレの花菜がポーズをとっていた。

(俺のモノなのに…)

京太郎は仮病のふりをして、由紀をおいて花菜の元へ向かう。京太郎は花菜の腕をつかむと、更衣室へ連れていく。

「今日のコスプレは止めてくれ…」

京太郎は我慢ならないことを伝えるが、花菜は軽く受け流す。

「ここの部屋、当分の間は誰も来ませんよ…」

京太郎の手が花菜の腰にまわる。

嘘とセフレ15巻無料ネタバレ|今夜のお相手は

噓とセフレ ネタバレ

京太郎と友人、花菜の3人で飲みに行くことになった。そこで3人は楽しく飲み終えると2件目に行くかどうか相談する。

「あっ、靴紐が…」

花菜が尻をだして靴紐を結び始めた。京太郎は瞬時に判断し、手をスナップさせた。

パァン!!

尻を叩く音が飲み屋街に響き渡る。京太郎と友人は、ほぼ同時に尻を叩いたのだのである。

花菜は靴紐を結び終えると、立ち上がった。

「もぉ、何ですか二人とも…」

花菜の今日のお相手は…

嘘とセフレ1~15巻無料ネタバレ|このマンガのみどころ

  • 「嘘とセフレ」1~15巻のみどころ
  1. 由紀と花菜とのエッチシーン
  2. 京太郎の心情
  • 由紀と花菜とのエッチシーン

由紀と花菜のエッチシーンがエロかったです。

「嘘とセフレ」は全巻カラーということで、由紀と花菜の肌のツヤ感を楽しむことができます。

さらに顔の表情も汗の表現も豊かで、エッチシーンでも由紀と花菜の色々な顔を見れます。

12・13巻では由紀と京太郎のイチャイチャエッチ。14巻では花菜と京太郎のコスプレエッチも見れるので、バリエーションも多かったです。

  • 京太郎の心情

京太郎は友人にセフレとして友達の由紀を紹介する人間ですが、由紀に対して恋愛感情を持っています。

友人と由紀が恋愛関係にあるかないのか気になってモヤモヤしている様子は、多少の寝取られ要素を感じました。

京太郎に限らず、嘘とセフレでは行間を読ませる技術がすごいと思います。

由紀や花菜・沙織のセリフなしの表情を見て、女性キャラがこの時何を考えているのか想像すると楽しめます。

「噓とセフレ」はコミックシーモアで先行配信しています。嘘とセフレを絵付きのマンガで読みたい方はコミックシーモアで試し読みができます。

嘘とセフレ10巻ネタバレ|作者の紹介

嘘とセフレは作画と原作でつくっている方が異なります。

作画はkyun jaさん。原作はタルチョーさんが作っています。

原作のタルチョーさんの作品として、「生残賭博」というものがあります。

▼無料登録で600円分試し読み♪▼
U-NEXTで読む

error: Content is protected !!